独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院

文字サイズ変更ボタン
Google WEB全体 サイト内
大労で受診する 大労に入院する 大労を知る 求人情報

診療科・各部のご紹介

トップページ >各診療科・各部一覧 > 整形外科:疾患の説明

整形外科

治療方針は、患者さまの”生活の質”を重視し決定しています。

疾患の説明

関節外科クリニック

変形性股関節症

股関節の軟骨がすり減って関節内で炎症が起こり、股関節の変形や破壊が起こります。女性に多く、臼蓋形成不全と呼ばれる股関節の被りの浅い状態の人に多い病気です。症状は主に痛み、股関節の動きの制限による歩行障害、日常生活動作の困難(物を拾う、足爪を切る)です。治療法として、保存的に理学療法・薬物治療を第一としますが、年齢、関節破壊の程度により、人工股関節置換術、骨切り術を行います。

特発性大腿骨頭壊死症

大腿骨頭への血流障害が起こり大腿骨頭の骨組織が死んだ状態になる病気です。骨頭が潰れると強い股関節痛が起こり歩行困難となります。病状が進行すると股関節の動きも制限されます。治療法として、骨頭が潰れるのを防止するために杖を使うなど保存療法がありますが、壊死組織の場所と大きさによっては容易に潰れることもあり、最終的には手術治療を行うこともあります。手術治療では、年齢・潰れた骨頭の範囲、関節破壊の程度により人工股関節置換術、骨切り術、のいずれかを選択しますが、当科では人工股関節全置換術を主に行っています。

変形性膝関節

膝関節の軟骨がすり減り、関節が変形し、炎症や痛みが生じる病気です。中高年の方に多い病気で、女性に多くみられます。発病初期は歩き始めや階段昇降時に膝の違和感や軽度の痛みが生じます。進行するにつれ、膝に水が貯まったり、膝の変形がひどくなり曲げ伸ばしが制限され、強い痛みを感じます。治療法として理学療法・薬物治療・関節注射などがありますが、年齢、関節破壊の程度により、人工膝関節置換術、骨切り術を行います。

膝関節特発性骨壊死

原因は不明で、膝関節にある大腿骨の一部で骨壊死(骨組織が血行障害を起こして死んでいる状態)を生じる病気と言われておりましたが、最近では、脆弱性骨折が主原因とも言われています。主に60歳以上の女性に多く、突然の痛みで発症します。痛みは非常に強く、歩行時はもちろん安静時も持続性の痛みが生じる場合があります。初期の激しい疼痛は、安静にする、杖を使用する、鎮痛薬を使用する等で、軽快する例もありますが、骨・関節の破壊が進行して痛みが軽快しない場合は、当院では、自家骨軟骨移植術や人工膝関節置換手術を行います。

このページのトップへ

リウマチクリニック

関節リウマチ

関節リウマチは全身の関節炎を主な症状とする慢性の炎症性疾患です。自己に対する異常な免疫のために引き起こされる、自己免疫疾患のひとつと考えられていますが、その原因はまだよくわかっていません。人口の約0.5%が罹患しているとされ、女性に多く、30歳代から50歳代の発症が最も多いのですが、60歳以上の高齢になってからの発症も少なくありません。一部には自然によくなる例もありますが、多くはよくなったり悪くなったりを繰り返しながら徐々に関節の変形や機能障害が進んでいきます。関節リウマチによる関節炎は全身の関節におこりえますが、なかでも指の関節や手首の関節、足の指の関節に比較的多く、特徴的な変形をきたします。もちろん、膝、足首、肘、肩、股関節などその他の関節の炎症や変形をきたすことも少なくありません。また、朝目を覚ました時に手足や身体がこわばって動かしにくくなる、「朝のこわばり」も関節リウマチの特徴のひとつと言え、病状が重いとこわばる時間も長くなるので、関節リウマチの活動性をみる指標のひとつになります。

関節リウマチの診断は、上記に挙げた症状ならびに各種検査結果(血液尿検査、レントゲン検査など)によって行いますが、とくに早期の場合はまだ症状がはっきりせず、診断が困難であることもしばしばです。

なお、関節リウマチによる炎症はときに関節外でも生じ、間質性肺炎などを併発することがあります(「リウマチ肺」と言います)。間質性肺炎はメトトレキサートの副作用で起きることもあります。

また関節リウマチでは、炎症を起こしている関節周りの骨や、背骨など全身の骨密度が減少すること(二次性骨粗鬆症)が多く、また治療薬の一種であるステロイドの内服により骨密度が低下(ステロイド性骨粗鬆症)します。したがって、骨密度低下(骨粗鬆症の進行)に対する治療も重要です。

スポーツ整形外科クリニック

靭帯損傷

靭帯不全になると関節が不安定になりスポーツ活動に支障をきたすため、自家腱を用いた膝・足関節の靭帯再建術(例:膝関節の前十字、後十字、側副靭帯、内側膝蓋大腿靭帯、足関節外側靭帯など)を行っています。

半月損傷

膝関節内にある半月板はクッションとして重要な機能を果たしており、スポーツでよく損傷されます。損傷の状態やスポーツレベルにもよりますが、鏡視下半月縫合術・切除術に加え、自家腱組織を用いた半月再建術を国内外で、先駆けて行っています。

軟骨損傷

治りにくいとされ放置されることの多い関節軟骨損傷に対し、損傷状態や部位に応じて鏡視下骨穿孔術(ドリリング)や自家骨軟骨移植術などの外科的治療を行っています。

このページのトップへ

脊椎外科クリニック

頚椎後縦靱帯骨化症

脊椎椎体の後面を結ぶ靱帯(後縦靭帯)が肥厚し骨になってしまう(骨化と呼びます)病態で、日本人(アジア人)に多く、中年男性に多い(約2倍)原因不明の疾患です。本症は厚生労働省から特定疾患(難病疾患)の指定を受けており、保健所に申請して認められれば診療費の全額または一部を公費で負担する制度があります。全国の研究班を中心に原因や治療に関して研究が行われるようになり、当科もこの班員として貢献しています。本症では、骨化が大きくなると神経を圧迫して神経の症状をきたすことがあり、時に転倒や頭部への打撲を契機に脊髄を損傷することもあるため注意が必要です。歩行障害や手足の麻痺がある場合は手術が必要となります。当クリニックでの後縦靱帯骨化症に対する手術法として、頚椎の後方より脊柱管を拡大する脊柱管拡大術(椎弓形成術)と前方除圧固定術あるいは前方・後方同時手術を症例および患者さんの要望によって使い分けています。

頚椎変性疾患による脊髄症(頚椎症性脊髄症、頚椎椎間板ヘルニアなど)

背骨の首の部分(頚椎)で神経の通り道である脊柱管が、加齢変化にともなったり(頚椎症)、椎間板が突出したり(頚椎椎間板ヘルニア)して狭くなり、その部分を通過する脊髄が圧迫されることにより生じる疾患です。50歳代以降に多く、手足のシビレや痛みにはじまり、症状が進行すると手の使用困難、歩行障害、四肢の麻痺(脱力)などの症状がでてきます。また、頻尿や残尿感などの症状がでることもあります。手術方法としては後方から神経の通り道(脊柱管)を広げる手術(脊柱管拡大術あるいは椎弓形成術)が主体ですが、症例によっては頚の前方から圧迫を除去し固定する手術(前方除圧固定術)が選択される場合もあります。

腰部脊柱管狭窄症(腰椎変性すべり症、腰椎椎間板ヘルニアを含む)

背骨の腰の部分(腰椎)で神経の通り道である脊柱管が、加齢変化にともなったり、腰椎にずれを生じたり(腰椎すべり症)、椎間板が突出したり(腰椎椎間板ヘルニア)して狭くなることにより生じる疾患です。これらの腰椎疾患の症状の主体は、坐骨神経痛と呼ばれる下肢のしびれ痛みですが、進行すると下肢の麻痺(脱力)症状が出現したりすることがあります。また特徴的な症状として、歩行時により下肢のしびれ痛みが増強し、長い距離を続けて歩くことができず、歩行と休息を繰りかえす間欠跛行という症状があります。進行すると頻尿や残尿感などの症状がでることもあります。手術としては、後方の骨や靭帯を切除して脊柱管を広げ神経の通り道を確保する術式(開窓術)が代表的ですが、腰椎のずれを伴う場合(腰椎すべり症)には金属を使用して固定術(後方経路腰椎椎体間固定術)を行うことがあります。

脊柱変形(側弯症・後弯症)

側弯とは、脊柱が左右の方向に曲がりねじれも加わる状態です。先天奇形や全身性の疾患に伴う側弯(症候性側弯症)もありますが、多くの側弯の原因は不明(特発性側弯症)です。変形が軽度であれば装具を用いて治療しますが、50度を超える側弯症の場合や幼くして進行する場合には手術治療が必要となります。手術は一般的に背中側から手術する方法(後方法)と、側方から手術する方法(前方法)がありますが、いずれの場合も金属材料を使用した手術が必要となります。

成人脊柱変形や変性(後)側弯症は加齢に伴って椎間板や椎間関節が変性して椎体を支える力が弱くなり、側弯だけでなく前屈みになってくる状態(後弯)で近年の高齢者の増加に伴い増加している疾患です。主な症状は、腰・背部痛による立位保持困難ですが、神経を圧迫して下肢のしびれ・痛みや筋力低下が生じる場合もあります。また、側弯や後弯が進行すると腰痛が悪化し、体幹のバランスも悪くなり、日常生活に支障を生じます。症状が強い場合は手術が必要になります。その際、変形した背骨を削り、症状を起している神経の圧迫を取り除く(除圧術)だけでよくなる場合もあります。しかし、骨を削ったために後にさらに変形が進むことが予想され、それに伴い新たな疼痛や神経の症状の発生が懸念される場合や強い曲がりが原因で腰痛などの症状が生じていると判断される場合には、広い範囲で背骨の曲がりを矯正して金属材料で固定するといった大がかりな手術(矯正固定術)が必要な場合もあります。

手外科クリニック

リウマチ手

関節リウマチにおいては、スワンネック変形・ボタンホール変形などリウマチ特有の手指、手関節障害を認めます。それらを「リウマチ手」と総称します。その罹患率はリウマチ患者全体の約9割と高頻度で、多くの症例で疼痛・可動域制限・変形を伴います。それらの機能的・整容的な障害に対しては、MRIなどにより正確な診断を行い、種々の治療法の中から最も適切な治療法を選択しています。MP関節障害に対しては、本来持っている生理的な手指機能再建を目的に、日本人の解剖学的形態から設計・新規開発した人工指関節(図)を用いた治療を行っており、良好な成績を獲得しています。

TFCC損傷

TFCCとはtriangular fibrocartilage complex、すなわち三角線維軟骨複合体の略称で、手関節の安定、荷重の伝達、分散、吸収などの重要な役割を果たしている構造体です。軽微な外傷でも発症し、手関節尺側部痛、運動時痛、握力低下などを主訴とします。レントゲンでの著明な異常を認めないため、手外科専門医でなければ単純な捻挫と診断されることも多い疾患です。近年、手関節の解剖学的研究や手関節鏡、MRI(図:矢印先端が断裂部)などの進歩により病態解明が進んでいます。当院でも正確な診断の上、主に関節鏡視下縫合術を施行しており、その成果は国内外の学会・論文などで発表し高い評価を頂いています。

このページのトップへ